ランドセルって使わなくなったらどうしてる?

ゴミに出すのはもったいない。まだまだ使えるランドセル

この記事をシェアする

今のランドセルは工夫がいっぱい

子どもに選ばせる養護施設職員

私の住んでいる自治体に2つの児童養護施設があります。入所してくる子どものランドセルについて伺いました。私はてっきり卒業した子どものお下がり、あるいは地域から不要になったランドセルを譲り受けて使っていると思っていました。ところが、どちらの養護施設も子どもには新品のランドセルを購入しているとのことでした。
理由を尋ねると、その職員は「子どもが自分で選んで買った方が6年間大事に使うから」との答えでした。
真新しいランドセルを手にして喜ぶ子どもは、きっとこれからの小学校生活に夢と希望を抱くことでしょう。
実際に子どもたちはランドセルを6年間大切に使い、思い出として取っておいたり、寄付したりしているとのことでした。

お下がりを喜ぶ妹

3R川柳というものがあります。
3Rとは、リデュース・リユース・リサイクルのことです。できるだけゴミを減らし、使える限り繰り返し使う。そして、使い終わった後は別の素材に変えて製品を作る。こうした循環を通して、地球の資源や環境を守ることがねらいです。
リユース部門にランドセルを扱った川柳がありました。姉の名前のついたランドセルを妹が喜んで背負って学校に行くという情景が描かれた川柳でした。姉は6年間大事にランドセルを使ったことと、年の離れた妹は姉のことが大好きだということがわかります。大好きな姉を常に身近に感じているという姉妹愛が伝わる作品です。おそらく妹も6年間大切にランドセルを使うことでしょう。
ランドセルの価格は5~8万円。決して安くはありません。子どもには親の愛情とメーカーの思いを伝え、感謝して大切に使うことを期待したいものです。