ランドセルって使わなくなったらどうしてる?

ゴミに出すのはもったいない。まだまだ使えるランドセル

この記事をシェアする

どうしても処分しなければならないときこんな方法あります

需要も多いネットオークション

家計の補助にネットオークションやフリマアプリをつかっている人も増えてきました。最近は手数料も安く出品しやすくなっています。特にフリマアプリは手軽に始められるため人気があります。
ランドセルに関していえば、購入するときの値段が高いために、安く手に入れるためにネットオークションなどを利用する保護者の方も多くいます。
やはり出品する以上、購入する保護者の立場に立って考えることが大切でしょう。また、フリマアプリなどでは悪い評価がなされると修正できないので、品質のよい物を出品した方がよいでしょう。
保護者の目線でいえば、品質や保存状態はもちろんのこと、子どもの体型にあっているか、機能性や耐久性は十分かどうか、どのように使われた物なのか、収納の容量はA4フラットファイルに対応しているかなどが気になるところです。出品する場合は、このような点に留意してトラブルを避けましょう。

ゴミとして処分するときはしっかり確認

筆者の住んでいる地域ではランドセルは可燃ゴミとして扱っていますが、地域によって処分の仕方が異なりますので、注意が必要です。
例えば、新宿区は粗大ゴミ、品川区では可燃ゴミというように同じ東京都でも異なります。さらに「一辺が30cm以上のものは粗大ゴミ扱い」や「金属パーツを取り外す」など備考が添えられているところもあります。
ぜひ、ゴミとして処分するときはお住まいの自治体に直接電話で尋ねるか、ホームページで検索して確認しておきましょう。
可燃ゴミとして扱う地域の焼却施設は、有害物質が外に出ないように対応策が十分なされているところです。また、ランドセルでも人工皮革の場合、安心して燃やせると明記されているものもあります。
消費者としてのルールを守り、地球の環境保全に努めたいものです。